ランチタイム

親戚の食べ物攻めに合う

年末年始と親戚への挨拶まわりが多くなる時期ですが、
先日主人と息子の3人で、親戚のおたくにお邪魔してきました。

 

犬好きのご婦人のお宅で、可愛いワンちゃん2匹と、
部屋には沢山のわんちゃんグッズが置かれていました

最近言葉を話すようになった息子は大喜びで
犬を触ったりわんちゃんグッズを見つけては指をさしていました。

 

昼食をお呼ばれして、息子の食べれそうなおにぎりや焼き芋、
ゆで卵など沢山用意してもらい、大人はすき焼きでした。

 

さて、そんな私たちですが、息子は3日前に嘔吐下痢を数回繰り返し
私は昨日食べた焼肉で胸焼けして嘔吐していました。
息子のほうは「治ったばかりで」
といってあまり食べさせないように出来ますが、
私に関してはせっかく良いお肉を用意してもらったので
話すことが出来ず、大変美味しいお肉を
内心おののきながら食べていました。

それなりに量は食べたのですが、質がいいのか、
野菜も一緒に沢山食べたからか
具合が悪くなることもなく食事を終えました。
主人のほうも唯一の男性と言うことで
どんどん食べ物を勧められ食べていました。
そんなに食べて大丈夫かと心配になったので
途中何度か助け舟を出したつもりですが無視され
結構な量を食べていました。

 

最後のケーキまでしっかり食べて車で帰宅中・・・
やはり無理して食べていた主人が腹痛を起こし、
途中でトイレに駆け込みました。

帰りは首都高でペーパードライバーの私にはとても運転できる道ではなく、
主人を待っている間、泊まるか、
それとも頑張って運転するかと本当に悩みました。
食べ物を下から出し切った主人はだいぶ具合が良くなったらしく
何とか無事に帰宅しましたが、
こんな思いは二度とごめんだと思った休日でした。

 

ちなみに主人の言い分としては
「自分しか食べれる人がいなくて悪いので断れなかった」そうです。
まだまだお邪魔する親戚宅は残っているので、
いかに食べ物攻撃を回避するかを悩ませる今日この頃です。


更新履歴